ワキガ手術したのに再発!?

せっかくワキガ手術を受けたのにまた再発してしまったという話も決してないわけではありません。

特に子供のうちにワキガ手術をすると、年齢を重ねるごとにワキガの匂いを発生させる汗腺も増えていきますので、その分ワキガが再発するということもあります。

もちろん成人になってからワキガ手術を行った場合は、このようなことは少なくなっています。

しかしこの他にも、手術でワキガの原因となっている汗腺を取りきれなかったときなどにも当然ワキガが再発することもあります。
こういった場合はある意味手術を行った病院の責任とも言えますので、面倒くさがらずにはっきりと主張をしたほうが良いでしょう。

ワキガ手術に慣れている病院などに行くとこういった再発などの失敗は少なくなっているようですが、傷跡を気にして最初の切開の幅が小さすぎるとこういった失敗も多くなっているようです。

このワキガの再発の失敗を防ぐためには、やはり最初の相談の段階でしっかり医師の方に以前に再発の前例があったかなどの確認をとっておくことが大事です。

そこでしっかりと信頼できると思える医者の方をやはり選びたいものです。

また、手術後に余計なトラブルを避けるためにも、再手術の場合の費用などの相談もしっかりしておくようにしましょう。



このページの先頭へ