アルコールで殺菌をしてワキガを予防

ワキガの匂いの原因は脇から発生する雑菌が元となっていますので、その雑菌を取り除くことでいくらかワキガの匂いを軽減することができます。

消毒といえばやはり思いつくのがアルコールなのですが、あんまり強いアルコールを使ってしまうと、肌を傷めるどころか多少なりとも人体には雑菌は必要ですのであまりおすすめはできません。

ですので液体状であるアルコールを使用する際にはやはりある程度水であらかじめ薄くしておくと良いでしょう。

男性の場合女性とは違い脇の毛を処理するこということがありませんので、毛の根元の方に雑菌が溜まってしまっている場合があります。

ですのでやはりこのアルコールなどでの消毒は男性は特に行った方が良いと言えるかもしれません。

また薬局などに行くと殺菌作用のあるウェットティッシュなども売られていますので、これらを使って外でもちょこちょこ脇を拭くことで一日中ワキガの匂いをさせないということも可能です。

肌が弱い人などにはちょっと無理なこの方法ですが、効果はやはりそれなりにありますのでまずはこういった簡単なことから始めてみましょう。



このページの先頭へ