超音波を使ったワキガ治療

今までワキガの治療というと、脇の下を切開し汗腺を取り除いていく方法と、脇の下に小さな穴を開けそこから吸引をするというのが主流でした。

これらの手術法は確かにワキガには効果的なのですが、肌に傷をつけるものですので当然手術跡というのは残ってしまうのがどうしてもデメリットとなってしまいます。

しかし近年ワキガの治療も進化し、超音波を使ったワキガ治療というものが出てきました。

この超音波手術はただ皮膚の外から超音波を当て、ワキガの原因となるものを分解するという手術方法なのですが、傷跡が残らないのはもちろん今までの治療法よりもさらに効果的と言われているようです。

さらに再手術をする可能性もほとんどなくなるということですので、これが本当であればワキガで悩む方にとっては非常に嬉しいニュースとなるのではないでしょうか。

しかし一つの難点として、最先端技術を使うためかその治療費用は結構なお値段になります。

調べてみるとどこの医院でも同じような料金設定となっているのですが、両脇の施術に掛かる費用はおよそ40万円。

これを高いと取るか安いと取るかは、どれだけワキガに苦しめられているかということにもよると思いますが、ワキガという厄介な問題をお金で解決できると考えれば決して暴利でもないように思います。

また今までどうしても恐怖心があったワキガの治療が、切開をしなくて済むということでそうした心理的なメリットも非常に大きいのではないでしょうか。



このページの先頭へ